【本当に快適か】在宅勤務+出社を通じて感じたこと

コロナ禍になり、わたしの勤務先では在宅勤務と出社が併用されるようになりました。
コロナの状況により在宅と出社の比率は変わりますが、いわゆるハイブリッド勤務状態で2年半ほど経ったので、思ったことをメモします。

ちなみに私の仕事はweb系デスクワークです。

在宅勤務で感じたメリット

在宅勤務が始まった頃は、単純に「家で仕事できる日」が増えて嬉しかったです。
比較的神経質な自分は、今もそうですが在宅勤務日は気持ちが楽と感じていました。
通勤時間はゼロだし、化粧や服も手抜きでもいいし、昼休みに家事もできるし。

出社日も会話は極力なくなり、仲の良い同僚と会話がしづらくなったのは残念でしたが、まあ仕方ないよな〜と思うくらいでした。

緊急事態宣言が発出された時は完全在宅にもなりました。完全在宅で何ヶ月も過ごすとしんどかったと知人は言っていましたが、個人的にはこのままずっと在宅でもいるかも、、と思っていました。
ただ、その人は一人暮らしで自分は二人暮らしだったので、日常的に会話する人がいたのが大きかったのかも知れません。自分の勤務先は完全在宅を維持することは難しい業態なのでまたすぐにハイブリッドに戻りましたが。

在宅勤務で感じたデメリット

会話するためのハードルが上がったのは確実ですね。
元々会話が苦手で今の職種を選んでいるんですが、出社時に近くのデスクの同僚に業務上必要なことを話しかけたり話しかけられることは基本的にはそんなにストレスはなかったんです。

ただ在宅勤務が増え、話しかける時はチャットやメール、ミーティングはzoomなどのweb会議システム、急ぎやミーティングほどではないけど口頭で話したいことは電話となり。

ルーティンワークやちょっとした質問はいつでもチャットで話せますが、お互いが今どういう状況なのか見えないのはかなりストレスを感じやすいとは思います。

出社していて同じフロアにいる相手に話しかけたい時は「〇〇さん、いま電話してるから終わったら話しに行こう」など現在の状況が見えやすいですが、在宅勤務だとそれが分かりにくく、急ぎではないけど電話で話したいことだと、先にチャットで「昼からお電話しても大丈夫ですか?」などジャブを打つ必要が出てきたりします。

web会議になるときちんと日程を決めたりするようになるので、電話より更にハードルが上がります。
出社していたら複数人のちょっとした会議などはその場で声をかけてすぐ行えたりしますが、状況が見えないとどうしてもそうなっちゃう部分はありますね。

在宅勤務+出社で感じた違和感

在宅勤務+出社が続いていて「出社時に人に話しかけられたり電話応答することは苦ではないのに、在宅勤務時のそれはストレスを感じてしまう」ということに気づきました。夫に聞いてもそうだったのでそういう人はいるんじゃないかと思います。

「家に居る」というプライベートな状態で体はリラックスしてるのに気持ちが仕事モードで釣り合いが取れてないのかも、とも思ったりしています。

メリットデメリットあるし、もっと長いことこの状態が続けばなんとも思わなくなるのかもしれませんが。

終わりに…こぼれ話

よく「人と極力話しをしなくていい仕事」ということでwebデザイナーやプログラマーなどの職種の名が挙がったりしますが、一応そういう部類の仕事で複数転職経験もある者としては、個人的には

  • 実務(制作、作業)のみをやることが多い
  • 自分の担当範囲は他の人と分担はしなくていい
  • ルーティンワークが多い
  • 後輩がいない

などの場合は確かに職場の人と話すことは「比較的」少ないのかなと思います。イヤホンできる職場もありますし。でも、ずっと何年も上記のような状態で過ごせる職場は多くはないのかなと。

また、年齢やスキルが上がるにつれ、会社に属していれば、例えばチームリーダーを任されて雑務が増えたり、上流工程を任されてお客さんと話す機会が増える上に実務と離れがちになる場合もあります。
本当に実務に長けてたりしてたら別かもですが、自分の知っている実務に長けてる人たち(プログラマ、エンジニアなど)は大事な打ち合わせにだいたい参加してたり会話の機会は少なくないです。

派遣社員であれば実務のみ、ルーティンワークのみ、などもありそうですが、1人に任せるルーティンの場合ってあんまりない気がするし、短期だと職場を転々とするのでそれもストレスですし。

フリーランスだと上司や後輩はいないし社内ストレスはないし完全在宅も好きにできます。
今までのツテがあったりすれば別ですが、実務だけでなく一から自分でお客さんを獲得していくのがかなり大変だと思いますが、お客さんとのコミュニケーションは大丈夫なタイプであれば合ってると思います。

なので本当にお客さんとの折衝以外は一人で仕事をしたい、という場合はIT系問わずフリーランスでやっていくのが一番かなと個人的に思います。なかなかハードルは高いですが。

タイトルとURLをコピーしました