「洗顔料で落とせるメイク」は過信しない方がいいなと思った話

マスクが手放せない生活になってから、洗顔料で落とせるメイクにシフトしてきていました。それについてのことも書いたりしていました。

あれから試行錯誤して、プチプラ商品で色々試したりしてたのですが、結局「洗顔料で落とせるって言ってるけど落とせないものが多い」ことがよく分かりました。。

アイシャドウは洗顔料で落とせないものを使っていたので、一定期間は目元だけメイク落としを使っていたのですが、下地は単品使用でも「洗顔料で落とせる」と書いていても何となく不安が残るので、ササっと顔全体にメイク落としを使うようになりました。

割と使う化粧品はコロコロ変えてるのですが、変えてるうちに最近どうも前にも増して顎とか小鼻とか毛穴のざらつきが気になるように思えてきて。

今メインで使ってる下地はセザンヌの「UVトーンアップベース」。ホワイトと、少し前にピンクも出たので日によって使い分けたりしています。公式サイトでは「洗顔料で簡単OFF(単品使用の場合)」と記載はあったのですが、気持ち程度にササっとメイク落としを使っていました。

ただ、毛穴が気になってるので「これはメイク落としが良くないのでは…?」と思い、アイシャドウをしなかった日にメイク落としを使わず洗顔料だけで顔を洗ってみました。割と念入りに。

まず、お湯で落とせると書かれてたので買ったマスカラ(ファシオ パーマネントカール マスカラ ハイブリッド(ボリューム))が落ちにくくて。。
「※落とすときは、ぬるま湯をしばらくなじませ、指先でまつ毛をやさしくなでるようにしてください。」と記載あったのですが、なかなか落ちない。正直メイク落としの方が負担が少ないと思いました。結局落ちないのでメイク落としも使いましたがそれでも落としにくい。
パンダ目にもなってたのであやしいと思ってましたが。。

ちなみに、同じファシオのパーマネントカール マスカラF(ボリューム)という、ウォータープルーフがついてない方は落としやすかったです。パンダ目にもならずにポロポロが出るタイプ。こっちの方が使い勝手は好きでした。

下地(セザンヌ)は色で判別しにくく、その場では落ちたか分かりにくかったのですが、お風呂から出ると明らかに毛穴が詰まってる感じがして。ただ、その時はそういう日もあるなあと思ってその日はそれでいつものお手入れをして寝てみました。

次の日、明らかにゴワゴワ感があったので朝からメイク落としをしっかりしてみました。すると、毛穴がスッキリしてゴワゴワ感が減少。今まで自分は何を疎かにササっと済ませてたのか…と思ってしまいました。

昔、メイク落としをしっかりしすぎて肌がガサガサになったことがあり、そのイメージが取れなくてメイク落としはできるならしない方がいいのかなと思ってたのですが、これで覆りました。

個人的見解

使い方や肌質によっては洗顔料で落ちる人もいるのかもしれません。
洗顔料で落ちると記載があるものは記載がないものよりは落としやすいはずなので、肌への刺激を減らす目的なので刺激になりにくいものだと思ってます。それ自体は悪いものではないだろうと。今使ってる下地も使う分にはトラブルはないですし。

ただ、これらを踏まえて個人的な考えとしては、「今後も落としやすかったり負担が少ないメイク用品として洗顔料で落とせると記載のあるものは購入の参考としていくけど、メイク落としはちゃんと使っていこう」と思いました。

タイトルとURLをコピーしました