苗字が変わったことが分かる書類の取得は、結構面倒だったメモ

結婚して苗字が変わったことが分かる書類が欲しい(平日休まずに)

「HTML5プロフェッショナル 認定試験」を受ける際、旧姓で登録していたアカウント名を結婚後の苗字に変更しなければいけませんでした。
その際に「結婚して苗字が変わったことが分かる書類」を求められたので、「免許証あるから免許証のコピーを送ればいいや」と思ったのですが、結婚して数年経っていたので免許の更新をしていました。結婚してすぐは免許証の裏に苗字が変わった旨が記載されてたのですが、免許更新すると旧姓はどこにも書いてない。。

調べると令和元年12月1日から免許証に旧姓を表記できるようになったようで。
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/menkyo/koshin/kyusei_hyoki.html

裏面の備考欄に記載してもらうだけならば無料でできるみたいです。
おそらく最寄りの警察署でできるっぽいですが、「旧姓が記載された住民票の写し」もしくは「旧姓が記載されたマイナンバーカード」が必要とのこと。

ただ、この2つの書類を発行させるには、まず「戸籍謄本(抄本)」が必要とのこと。
そもそも戸籍謄本があれば苗字が変わったことを証明できるので、免許証じゃなくてもこれを発行してもらえばいい。

本籍地の役所に行けばすぐ解決なのですが、平日にこれで休むか会社に遅れて行くのが嫌で。
住民票をコンビニで発行したことがあったので戸籍謄本もいけるだろうとマイナンバーカードを持ってコンビニのマルチコピー機に行くと、「このマイナンバーカードじゃできないよ」的なメッセージが。

調べたところ、本籍地が現在の居住地と違う場合(わたしの場合は本籍地と別の市に住んでる)、コンビニで利用するために「戸籍証明書交付の利用登録申請」をしないといけないそう。正直、手間がすごい。。

コンビニで戸籍証明書交付の利用登録申請してみる

戸籍証明書交付の利用登録申請は、サイトによると「A. インターネットで申請する」方法と「B. コンビニ等のキオスク端末から申請する」方法があり、Aはマイナンバーカードを読み込むためのカードリーダーが必要とのこと。カードリーダーはマイナポイントで色々あったのであまりタッチしたくなかったのと、スマホでできないようなので、Bのコンビニで申請することに。

戸籍証明書交付の利用登録申請サイトに「キオスク端末」って書いてあったので駅にあるキオスク?と最初は勘違いしそうになったのですが、コンビニで住民票を取得したりする時のいわゆるマルチコピー機のことでした。だいたいのメジャーなコンビニにはあるやつですね。これで利用登録申請して数日後にサイトから確認すると利用できるようになっていて、めでたく戸籍謄本(わたしの場合は抄本)をコンビニから発行できました。

ちなみに、本籍地がコンビニでの証明書交付に対応してない場合は本籍地の役所で戸籍謄本をもらわないといけないようです。わたしの本籍地はコンビニ対応してたようでよかったです。
対応してるかはこのページから確認できるようです。わたしの地元(結婚するまでの本籍地)は割と田舎なのですが対応してました。

今後も旧姓をどこかに表示させたい場合

まず住民票に旧姓を表示させるために住民票のある役所に戸籍謄本とマイナンバーカードを持って行って手続きをしないといけないそう。
基本的に結婚した時に苗字の変更は一気にやってたので、これが何度もあれば別ですが今後そんなに旧姓の証明を求められることは多くないと思うし正直面倒だったので、お金はかかるけどまたコンビニで戸籍謄本発行するのでいいかなと今は思ってます。

タイトルとURLをコピーしました