【Audible】無料体験で試してみましたメモ

少し前にAudibleを無料体験しておりました。その時のメモ書きです。

良かったところ

沢山「ながら聴き」したい方にはおすすめ

ラジオ感覚で沢山本を読み(聞き)たい!という方であればとてもよいと感じました。

ポッドキャストも面白そうなのが多かった印象です。

松本人志・高須光聖のコンビでお送りする、伝説的ラジオ番組「放送室」が初のデジタル配信開始。月曜日から金曜日まで毎日1エピソードずつの配信予定。第1回放送からスタートします。平日毎日更新

有名どころを聞いたりしました。

再生速度が変更できる

YouTubeとかもそうですが、再生速度を変更して聞くこともできます。

何度も聞きたい派は早めのスピードでサラッと聞けるのはいいなあと思いました。

「寝る前聴き」が捗る

寝る時に布団でスマホ画面を見て電子書籍を見たりすると眩しくてなかなか眠れなかったりしやすいですが、目を瞑って聞くだけでいいのはかなりメリットだなと感じました。

残念だったところ(合わなかったところ)

「本を聞く」が合わなかった

根本的なところなんですが…
自分の場合、どうしてもAudibleを起きて聞いている時はBGMになりすぎて内容が全く入ってこなくなることが多かったです。(もちろん、ナレーターさんは素晴らしいですよ!)

何度も聞けばいいじゃないか、と思います。
ですが個人的には時間をかけて何度も聞くくらいなら紙の本で読書した方がいいな〜と思ってしまいました。

ラジオや音楽鑑賞は好きなんですが、何故かAudibleの文化は自分にはちょっと合わなかった感じです。
もう少し長く続けていれば慣れてくるのかもな、とも思ったりしていますが。

ジャンルが限られる

自己啓発本やビジネス関連書、小説などはAudibleと相性がいいので沢山ありましたが、当たり前なのかもですが技術書などはカテゴリもなかったです。

特性上仕方ないのですが、読書はこれだけで完結は難しいですね。

聴き放題対象外コンテンツはお高め

例えば、こちら。

岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著), てらそま まさき (ナレーション), 金野 潤 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

結構人気のある本だと思うんですが、会員プランではないと3,000円、会員プラン(月会費1,500円)だと30%オフで買えますが、紙の本より高いです。

聞き放題対象内作品も多いので気にならないかもですが、個別に買うと結構するなあ、、と思いました。

まとめ

自分には合わなかったため「残念だったところ」が多かったのですが、それが勿体ないと感じるくらい良いシステムだなと思います。
「ながら聞き」が合う方はとても良いんじゃないかと思いました!

タイトルとURLをコピーしました