妊娠活動メモ③〜低血糖症状出る人の子宮内膜ポリープ入院、手術〜

2泊3日の入院してきました。その時のことをメモします。
※細々したことが多かったので割と端折ってる部分は結構ありますので悪しからず。

1日目

午前中から入院手続き。その後看護師さんに病棟を案内してもらう。

病室は4人部屋で、女性専用で出産とかの入院用なのか自分のスペースがかなり広かったです(今まで行ったことある病室に比べて)。

そのあと諸々看護師さんとお話しして、自分の持病関連の話も伝える。スケジュール的に絶食時間が結構長いので、そのあたりだけ確認(事前に細かいスケジュールの説明がなかったので後で気づいた感じです)。

最終的に今日の夜〜明日(手術日)は絶食&手術後は寝たきりに近くなるようなので、しばらく糖が入った点滴してもらえることに。よかった。

ちなみに術後に固形物食べると気分が悪くなることがあるみたいだから、手術後も当日は絶食になるとのこと。飲み物とかはOKなのでそのあたりで補ったり、それで足りなかったら点滴したりもできるよ〜と。

看護師さんはじめスタッフの方がめちゃ丁寧で安心しました。
今日は点滴もないのでお風呂も入って明日に備えました。

2日目

早朝からブドウ糖の点滴。その後手術前の点滴しつつ、昼から手術。
今まで簡単な手術をしたことはあったけど、ガッツリ手術室でやるのは初めてで入った瞬間「おお…」となりました。しかしながら手術時の看護師さん達がめっちゃ優しくてかなり緊張を和らげてくれました。

手術が始まり、まずは腰椎麻酔。
そこから手術中は点滴やら麻酔やらのせいでウトウトしたり気分悪かったりが1時間続き、終了。
違和感を感じたら都度看護師さんに言って対処してもらったんだけど、終わったら冷や汗びっしょりで吐き気。正直思ってたよりかなりきつかったです。起きてたので怖さもあったり。

その後病室にベッドのまま戻りまして。おしっこの管が入ってて、足には血栓予防のフットポンプが付いてて、そのまま朝まで安静でした。
途中吐き気がしたり顔が熱くなったりして何度も看護師さんのお世話になりました。あと数時間おきに血糖値を測ってもらったりで朝まで寝たり起きたりしてました…

夜は水分取ってOKでしたが、血糖値も下がってなかったし、手を動かすのもしんどかったのでほとんど飲みませんでした。。

3日目

朝から食事OKだったので朝ごはんが出ました。
午前中に診察をして、OKだったので退院決定。
体についてた管とかを外したら元気になりました。寝たきりが逆に疲れたのかも。
お昼過ぎに帰宅しました。

帰宅してからしばらくするまで頭痛がしてましたが、夜になったら治ってました。
前も1週間くらい入院した時もずっと頭痛がしてたんですが、体を動かさないと(もしくは寝すぎ?)すぐ頭痛になる体質のようです。

まとめ

舐めてた訳ではないですが、思ってたよりも中身が濃くてしんどかったです。が、手術部分も小さかったので今のところ痛みは少ないです。
個人的には子宮の痛みというより腰がちょっと痛いかな?くらい。

あと、今はご時世的に誰もお見舞いで病室に入ることができなかったので、2日目の手術後はほんとに動けなかった時に誰も身内がいてくれてないのはちょっとしんどかったかな。

次は術後経過で数週間後に通院予定です。

タイトルとURLをコピーしました