「悟空のきもち」に行ってきた

先週、ずっと行ってみたかった「悟空のきもち」に行ってきましたので、リポートしたいと思います!

「悟空のきもち」とは…

頭専門のもみほぐし店で、10分程で気持ち良すぎて寝ちゃうそうです。
メディアでも紹介されてて、ずっと行きたいなあと思っていました。

いざ、予約!…

まずは予約しようと公式サイトの予約フォームを見てみると、どの店舗も3ヶ月後まで予約いっぱい。
これは難しいのではと思ったのですが、LINEで予約待ちができるとのことでとりあえず一番近い心斎橋店のLINEを登録して待つことに。

LINE予約待ちを使ってみた

月に一度くらいLINEで予約が空いてる場合は通知がきます。
何度か通知がきてからすぐに予約しようとしましたが、まず予約枠が2つくらいしか空いてないことが多く、頑張って手早く入力フォームを完成させても、「もう埋まってます」みたいな文言が…

別の方法を考える

LINE予約待ちは、公式サイトによると《キャンセル待ち数は全店合計で473,221人(2019年7月現在)》とのこと。
これは無理だと判断して、公式サイトの予約フォームを見張ることにしました。
そうすると、割とちょこちょこ平日はキャンセルが出ている模様。
そしてある日、念願の土日が空いていたので即予約しました。よかった~

そして念願の施術日

やってきました心斎橋店。Osaka Metro御堂筋線の心斎橋駅5〜6番出口(ブログ執筆時は閉鎖中)から出て、メガネの三城が入っているビルの3階です。メガネの三城とドコモの間の道を少し歩くとエレベーターがある裏口?があります。

3階まで行くと癒し系の雰囲気の女性店員さんがカウンターにいて、受付を済ませ、一人ひとりゆったり座れるソファが複数あり、そこに座って待っていると店員さんからタブレットで住所など登録の確認をされました。わたしは予約時に電話番号を間違えていたらしく電話番号を修正しました。
本来は施術前日に予約確認の連絡がメールとSMSで来るようなのですが、そう言えばメールしかきてませんでした…

お支払いは前払い制で、このタイミングで支払いました。クレジットカードが使えるのが嬉しいです。
「本流頭 揉みほぐし スタンダードコース 60分」で予約していたので税込7,000円でした。
その後もう一度呼ばれていよいよ施術室へ。店員さんと一緒にエレベーターで4階へ。
靴を脱いで薄暗いドアを開けると、青い光のサイバーな空間が…思っていたのと違ったので驚きつつ案内された個室へ。

いよいよ施術

施術用のソファに座り、目元を隠され、さあどんなもんか!とドキドキしていたのですが、気持ち良かったのですが最後まで眠れず…人によっては緊張していたりすると眠れないそうで。
施術の感じは個人的にはもみほぐしというか、ツボ押しありの頭皮マッサージのような印象でした(それがもみほぐしだと言われればそうなのですが)。
眠るタイミングがどこなのかと思いすぎていたのかも知れません。
結構目の周りも押されたので、女性はお化粧が気になるかも知れません(これに関しては後述しますがお化粧直しできる場所はあります!)

施術後

施術が終わって店員さんから「ふわふわした感覚になるかも」と言われつつ3階の休憩室へ案内され、アンケートを渡されました。
休憩室ではお茶やお水はセルフで飲むことができ、鏡やらヘアセット用品が充実していました。
昆布茶があったのですが久しぶりに飲んでみたら美味しかったです。

ちなみにわたしはアイプチ&つけまつげをして行ったのですがそれらには直さないといけない程のダメージはありませんでしたが、眉毛は少し取れている気がしました。こまめに化粧直しされる方はファンデーション含めお直しが必要かも知れませんが、わたしは外出先で余程ではない限り直さないタイプなのでほぼ直しませんでしたが…(笑)。

実は休憩室に案内されている時点で、ふわふわした、を超えて車酔いのような気持ち悪さがありました…。マッサージに行って揉み返しで体調が悪くなる人がいますが、そんな感じかなと。マッサージでなったことはなかったのですが、わたしには頭のマッサージは刺激が強かったのかも知れません。
なので、アンケートの下の方に次回優先的に予約できる旨が書かれていましたが、次回予約はしませんでした。

店内の雰囲気や対応などはとても良かったので、自分には合っていなくてとても残念でしたが、
休憩室にいたわたし以外の方は次回予約されているようでしたので、わたしのような虚弱でなければ大丈夫そうです。
以上、「悟空のきもち」リポートでした!

タイトルとURLをコピーしました