「転職の思考法」を読みました

現時点で同じ職場に5年ほどおりますが、正社員ではないので次の職場をどうするか、はずっと考えている者です。

この本の正式タイトルは「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」で、著者の考えなどをまとめたような内容、と思っていたのですが、8〜9割ぐらいは小説のような感じになっており、とても読みやすかったです。

小説の内容は、転職を考えていた主人公・青野がコンサルタントの黒岩と出会い、「転職の思考法」を学んでいく…というストーリー。

簡単に言うとタイトルそのまんまなのですが、転職に関しての本質のような話が多く、勉強になりました。

個人的に思ったことメモ。

  • 会社として優秀だとしても入社すべき会社かは別
  • 転職エージェントも商売
  • 転職するしないは別として、他の会社でもやっていけるか、という部分を頭の片隅に置いておくと、働き方や見方が変わってくる
タイトルとURLをコピーしました