『「ついやってしまう」体験のつくりかた』を読みました

元・任天堂で企画開発を担当されていた玉樹真一郎さんの「体験デザイン」の本です。

マリオやゼルダ、ドラクエなどメジャーなゲームを例に、「なぜかやってしまう」ゲームがいかに作り込まれた「体験デザイン」であるかを分かりやすく書かれていました。
ゲームはたまにやる程度ですが、ここまで設計されているものなのかと驚きました。

ゲーム関連に限らず、いろんな職種の方が見ても仕事に活かせそうな内容だと思いました。

本書は著作権に配慮して実際のゲーム画面のビジュアルはなく、全てイメージイラストなのですが、個人的に前半戦はそのイメージイラストがカラーの割に簡易すぎて、ちょっと電車で読むのが恥ずかしかったです。笑

しかしながら、ゲーム設計に関しての考え方が広がった気がするで、ちょうどポケモンシールドを予約しているので、新しい楽しみ方が増えました。笑

タイトルとURLをコピーしました